腰痛 おすすめのストレッチ

ストレッチとは
スポーツや医療の分野におけるストレッチ(Stretching)とは、筋肉を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばす行為。筋肉の柔軟性を高め、関節可動域を広げるほか、呼吸を整えたり、精神的な緊張を解けるという[1]。ここでいう「筋肉」とは「骨格筋」を指す。ヒトの体の筋肉は心臓を構成する心筋、内臓や血管にみられる平滑筋、骨格を動かす骨格筋に分類される。一般にいう「筋肉」とは骨格筋である。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

特に腰痛に対してはストレッチをすることでツラい箇所が伸びる、気持いい、硬いと感じる、スッキリする。など効き目が分かりやすいかもしれません。
慢性的に腰がツラい方は朝起きる前に布団の中でストレッチをしてから起きると朝からスッキリしたいい氣分で起きれるのではないでしょうか?

ストレッチをする際に注意したい点
・無理をしない
体が硬いからとヒーヒー言いながら強めにグイグイとやっても効果は期待できません
じんわり時間をかけて2〜3分じーっと伸ばしましょう
・冷えている時は注意
お餅は冷えてる時は伸びないですよね?気をつけましょう
・痛いは止める
気持ちいいと感じるところで2〜3分。痛いはダメです、筋肉が傷つきケガします

自分でする際は時間がある時にボーッとリラックスした状態でするのがいいでしょう
時間があまり無い時や焦ってしても意味がありません。

揉みんとではタイマッサージの技術も加えながらストレッチも行います
一つの筋肉を伸ばすやり方や、同時に2つの筋肉を伸ばすストレッチなどもお体と対話しながら行います
マッサージとストレッチを併用することで、とても良い効果が期待できますね

以前に施術したお客様で坐骨神経痛が発症した方がいました
タイ式のストレッチで足腰を約10〜15分ほど施術しました
ストレッチのみです
その方は坐骨神経痛がおさまりました
とてもそのストレッチが相性が良かった例だと思います

腰痛おすすめのストレッチを一つご紹介

太ももの後ろで手を組み、引っ張らなくていいです
お尻の後ろから太ももの裏を伸ばすストレッチです
片方ずつ3分ずつ やってみてください

関連記事

  1. セラピストの悩み「指名が取れない…」「ちゃんと揉めているのか…

  2. マッサージ いいことだらけ

  3. タイバーム マッサージバーム 緑

  4. 足の冷え 冷え性に効くツボ 冷えに勝つ

  5. 初めてでも大丈夫 タイ バンコクのおすすめマッサージ店10選…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。